Nothing New

楽に楽しく生きれたら幸せ

ハコハコ

f:id:allegretter:20170108025637j:plain

後輩と飲んだ日の帰り道、暗い路地にポツンと明かりが灯っている店があった。入るまで何の店か分からなかったけど、どうやらギリシャ料理のレストランカフェとのことだった。 手書きのメニューはぬくもりがあって、初めての店なのに懐かしい感じがした。ギリシャ料理もお酒も美味しそうだったのだけど、この日はマウンテンティーを注文してみた。風邪気味で喉の調子も悪かったし、何より寒くて体が冷えていた。

マウンテンティーを飲むとポカポカしてきて、冷えた身体がじわじわ暖かくなるのがわかった。普段ハーブティーを飲まない僕だけど、すんなり飲めてしまう。サービスで頂いたチョコブラウニーも美味しくて、二二時過ぎなのについのんびりしてしまった。

ギリシャ料理・ハコハコbox Garden
住所:東京都三鷹市牟礼2-11-16-1F
営業:12:00~00:00
電話:070-6529-8585
定休日:火曜日 & 第3水曜日

パリ

f:id:allegretter:20170108023744j:plain

仕事帰り、渋谷を散歩してみた。特に目的もなくてくてくと歩いていたが、散歩するにしては今日は風が強くて寒かった。このまま帰ってしまおうかとも思ったけど、せっかく駅から出たのだからこのまま帰るのも勿体無い。前々から気になっていた喫茶店のパリに寄ることにした。

店内は少し狭い、渋谷らしいと思う。テーブル席に座って、コロンビアを頼んだ。そういえば正月はコロンビアの福袋を買ったことだし、週末に奥多摩秩父に登山に行くのもいいかもしれないと思った。

エプロンをきっちりと着こなした店員さんが運んできたコロンビアは、結構好きな味だった。ほどよく苦味があって、ほんのり甘い。家でこれほど美味しいコーヒーが淹れられたらいいとは思うけど、この落ち着いた雰囲気は喫茶店でしか味わえないから、美味しいコーヒーが淹れられても外に出るんだろう。

店内に流れるジャズ、ほどよく聞こえる会話、ほどよいざわめき。なぜだかとても落ち着く。コーヒーを啜りながら、配属されたばかりで課題が山積みな仕事を振り返って、ノートにまとめてみた。覚えることが多くて憂鬱だけど、来週も頑張れるような気がした。

f:id:allegretter:20170108024733j:plain

珈琲の店 Paris COFFEE(パリ)
住所:東京都渋谷区道玄坂2-5-6
営業:9 : 00~22 : 00
電話:03-3395-0399
定休日:無休

エルブレスでColumbia福袋を買ってみました

f:id:allegretter:20170103231256j:plain

エルブレスの店頭でたまたま売っていたので、つい買ってしまいました。お値段、10000円でした。

続きを読む

リオ

蒲田での勤務最終日、定時でタイムカードを切った。このまますぐに電車に乗って帰るのも寂しいと思った。何か思い出を作りたくて喫茶店を探してみた。ここ最近、何かにつけて喫茶店を探してしまう。西口の商店街を少し進んだところにある、リオに寄ることにした。

お母さんが一人で店番をしていて、お客は僕の他には誰もいなかった。カウンターが良く見えるソファ席に座って、ブレンドを注文した。コーヒーを持ってきてくれたお母さんと世間話をしながらのんびりさせてもらった。話によると、古参の喫茶店らしく、60年ほど前から営業しているとのこと。もっと昔からやっている喫茶店もあったらしいが、今となっては一番長い店になってしまったとか。柔らかくなったソファに座って啜るコーヒーは少しほろ苦く、シックで居心地の良い時間だった。

蒲田は怪しげな中国人が多くあまり印象が良くなかったけど、昔から続く古き良きお店もあるのだと知った。こんなことならもっと早くから来るべきだったなぁと若干悔やみながらも、蒲田に立ち寄った時には是非とも足を運んでみたいと思った。

(年末に書こう書こうと思ったまま先延ばしになって、気がつけば年が変わっていた。ぐぬぬ、記憶が鮮明なうちに書かなきゃね)

七つ森

f:id:allegretter:20170103125135j:plain

延々と流れる特番を見るのも退屈だったので、友人とポタリング初めをしてきた。今年の正月は天気が良くてポタリング日和と呼ぶのに相応しい。都内を30kmほど回った後、高円寺で喫茶店を探した。(ちなみに、主に探してたのは土地勘のある友人で、僕は後を追っていたという事実も残しておこう) 予想はしていたが、新年早々に営業している喫茶店は少なかった。そしてようやく見つけたのが、高円寺の七つ森だった。

店に入ると、奥のソファ席に通された。椅子も机も、僕よりは長生きなのだろう、年季が入っていた。友人はキリマンジャロ、僕はモカを注文した。本当はメニューに並んでいたケーキも頼んでみたかったのだけど、2017年は糖分を控えようと決めていたので、珈琲だけでのんびり過ごすことにした。

モカはほんのり甘く、少しの酸味があった。こうやって時々珈琲を飲むようになったのも最近のことなのだけど、色々と飲んでいるうちに自分の好みの味が知りたくなってきた。苦味・酸味・甘味のちょうど当てはまる珈琲に出会えたらさぞかし幸せなのだろうなぁなどと思いつつ、美味しく飲みながら長閑なひと時を過ごした。

今年も良い一年になりそうだ。