Nothing New

楽に楽しく生きれたら幸せ

ラズパイ奮闘記 (3) 怒涛の初期設定編

さくっと初期設定を済ませます。自分向けに残した雑記メモなので、たぶん足りてない設定もあるとは思いますが、必要に応じて設定すりゃあなんとかなるはず。

あと、Raspbian JESSIEのバージョンによって設定項目の名称や場所が違うことがしばしばあるため、使用環境に応じて読み替えること。実はこれで結構詰まってしまった。

  1. microSDパーティション拡張
    Raspbian導入の時点で、どれだけ大容量のmicroSDを使っても使用可能領域が固定されてしまうらしいので、パーティション拡張が必要となります。
    まず、コマンド入力で設定画面を出現させます
    sudo raspi-config
    あとは画面の指示に従って設定を進めます。
    >> 7 Advanced Options
    >> A1 Expand Filesystem Ensures that all of the SD card storage is avaiavle to the OS
    上記実行後に「Root partition has been resized. The filesystem will be enlarged upon the next reboot」と表示され、再起動後にパーティション拡張が有効となります。
  2. 地域、時刻、キーボード配列(GUI操作しないなら不要だけどね)
    手順をそのままお借りしました。あえて補足入れるとすれば、言語・エリア設定の際に「ja_JP.UTF-8 UTF-8」しか選ばなかったことくらいですね。あと、一つ目のリンクはコマンド操作時の文字化けを回避するために行ってます。

    » 解決!Raspberry Piの日本語が四角の文字化けになった時の初歩ミス。|コワーキングスペース管理人のブログ

    yamaryu0508.hatenablog.com

  3. アクセスポイントへの無線LAN接続
    今回は勉強がてらにコマンド操作で行いましたが、GUIですとタスクバーのwifiボタンから一発で設定できます。ここで書き直すような新しい内容は無いので、お借りした手順を載せますね。(他の設定手順も載っていますが、中盤くらいの「Wi-Fiの設定をする」だけ読んでました)

    tool-lab.com

  4. SSH接続
    どうやら最近のバージョンだと先ほど出現させたraspi-config画面からSSHを有効化できるみたいです。昔やったときはOSインスコの際にSSHファイルを突っ込む手間があったんですが、手軽にSSH接続ができるようになったみたいです。
    SSH有効化後、同じwifiSSH接続したいPC端末を接続し、WindowsならTeraTermSSH接続を実行します。ホスト名に「raspberrypi.local」を設定し、ユーザ名とパスワードは使用環境に応じて入力すれば、SSH接続が完了します。

初期設定を一通り終えたところで、次回あたりLチカでwiringpiの練習をしてみます。

開国宣言

昔から人の輪に加わるのが苦手な子だった、と昔母から聞いたことがあった。幼稚園では園庭でサボろうとしていたらしいし、嫌がるがあまり突発的な行動が多く、当時母は手を焼いていたしい。その節はご迷惑をおかけしました、ぺこり。

でも、母の言う「人の輪に加わるのが苦手」というのはあくまで僕の一面に過ぎなくて、本質は、「自分の好きな事に費やす時間が最優先」なのではないだろうか。人に喜んでもらうのが好きな人がいるように、僕は自分の興味を追求している時が一番楽しい。外向型人間ではなく、内向的人間といえばスマートかな。

僕の悪いところは、母からの客観的評価で自分の主観を塗り替えて、「人の輪に加わるのが苦手」な子なのだと思い込んでしまっていたところだろう。人の輪に加わるのが苦手だし、好きなことに全力を注げばいい、他のことは最小限に済ませておけばいいのだ。そうして人付き合いから逃げ続けた挙句、趣味は手広く楽しむことができたけど、本当に人の輪に入る方法が分からなくなってしまった。

さらに突き詰めると、 自分ひとりで築き上げた価値観に触れられるのが怖かったのだろう。まるで鎖国のように、自分の価値観は自分の中でしか形成されないものだと思い込んでいた、おお笑止なり。ちっぱけな人間でしたね。

さすがにこの生き方を続ける気は、もうない。どれだけ頑張っても一人でできる事には限界があるし、鏡の中の自分とにらめっこし続けても何も人生面白くない事にようやく気がついた。せっかく手広く遊んできた趣味がある事だし、これからは趣味を手がかりにして周りと繋がってみようと思う。なかなか最初はつまづくこともあるだろうけど、めげずにじっくりやってみよう。まずは人の輪に飛び込むことが、次への第一歩。

とりあえず、やってみる。アドバイスをくれた友達に、感謝。

ラズパイ奮闘記 (2) Raspbian導入編

さてさて、OSインストールはじめます。

まずは本家サイトからmicroSDに焼くためのOS、"Raspbian"をダウンロード。

www.raspberrypi.org

たぶんSSH接続だからGUI操作をすることはほとんどないだろうけど、念には念をいれて"RASPBIAN JESSIE WITH DESKTOP"を選択。本日時点ですとv4.9が最新でした。JESSIEの次はまだ出てないみたいです。

つづいて、microSDに焼くためのツールをダウンロード。今回は"DD for Windows"を使います。

DD for Windows - Tech Info

両方のダウンロードが終わったら、適当な解凍ツールで解凍して、DD for WindowsでRaspbianを焼いたらおしまい。とっても簡単! 文卒でも何も怖くなーい!

まだまだ設定することがありそうなので、次回あたりまとめてドンとやります。

設定することまとめ
・SDのパーティション拡張
・地域、時刻、キーボード配列(GUI操作しないなら不要だけどね)
・アクセスポイントへの無線LAN接続
SSH接続

ラズパイ奮闘記 (1) SDのフォーマット編

職場のOJTで、ラズパイを使った自宅開発をするよう命ぜられたのが半年前。家でぽちぽち弄ってはみたものの、なかなかちゃんと勉強できていない今日この頃でございます。

OJTもあと半年したら成果発表しなきゃだし、ここらで仕切りなおさねば! ということで、OSを入れていたmicroSDをフォーマット掛けることにしました。

qiita.com

先人の知恵を借りてさっさっさーとコマンドを打って、なんとかフォーマット完了! 最新版Raspbian(なんと7/15リリースがありました)をダウンロード後、OS焼いてやり直します。まってろOJT

f:id:allegretter:20170719150513p:plain

フロントシングル化計画 (1) ~下調べ~

スプロケットが大分擦り減っていたので、新調がてらにフロントシングル化をやってみようと思う。思いつきでやるにはちとハードルが高いので、まずは下調べ。

メリット

  • 見た目がスッキリする
  • フロントディレーラがない分、メンテナンスが楽
  • 変速時のメカトラが減る
  • 変速が楽
  • 軽量化

デメリット

  • 変速の選択肢が狭くなる 

ギア選択の幅が減るデメリットを抱えても、フロントシングルにすることのメリットは大きいようだ。元々シフトチェンジでマネジメントするほど真剣には乗ってないし、実際はさほどデメリットも痛手とは感じなさそう。実際にカスタムした後に辛く感じるかもしれないけど、じき慣れるだろう。そんなわけで、デメリットはあっさりとクリア。

余談だが、実際の自転車競技でもシンルグ化はメジャーになりつつあるらしい。SRAMはリアメカに力を入れすぎてフロントは本腰ではないように見えるし、調べて分かったことだがSHIMANOも試験的にフロントシングルを作っているらしい。一昔前(まだ僕が生まれる前とかかな)はフロント3速リア6速だとか言われていたけど、リア11速が普及するようになった現代においてはフロントギアの必要性が薄れてきたのではないだろうか。薄刃になってリアだけで十分なシフト選択ができるし、競技の最中にメカトラに困ることもない。今回のカスタムではリア9速のままでいこうと思ってるから、あまり関係はないんだけどね。余談として、こういう流れもあるってことだけです。

ちなみに、現在の足回りはこんな感じ。

  • フロントディレーラ:SHIMANO SORA
  • リアディレーラ:SHIMANO Claris
  • フロントギア:SHIMANO 30-50 (グレード不明)
  • リアギア:SHIMANO 9s 13-14-15-16-18-20-22-24-26 (グレード・型番不明)

今回のカスタムでリアスプロケも新調するのであまり関係はないかもしれない。

 今回のカスタムにあたって最も考えるべきなのは、ギア比選択。今のフロントとリアを元に1ギア比計算してみた。 

f:id:allegretter:20170716033338j:plain

さてさて、使用頻度を加味したカスタム後の足回りはこんな感じかな。

  • フロントディレーラ:なし
  • リアディレーラ:SHIMANO Claris
  • フロントギア:SHIMANO対応(メーカー未定) 42t
  • リアギア: SHIMANO CS-HG50 9S 11-30T

ざっと調べてみたが、早くカスタムしたくてウズウズしてきた。下調べはこれくらいにして、分からないことがあったらその都度調べながら進めてみようと思う。

次回は購入編。